幽霊ちゃんのひとりごとマシンガン

好きな曲への気持ちを爆裂個人解釈でいっぱいしゃべる

悲しい夢の中で君を見つければ

去年の9月にxanvalaとmemeの対バン配信鬼と雨乞い(タイトル好き!言いたくなる!)を観た。なんか、新しいバンドをなかなか好きにならずにずっと好きなバンドと解散したバンドばかり見たりしてたので今活動をしている比較的新しめのバンドを見て未来を感じてこれからも生きるぞという気持ちになりてえ〜、と思った事が新しめのバンドを観たい最初の理由だったんだけど、この配信はその気持ちにまさにぴったりの物だった。特にmemeのライブを初めて観て記憶にすごく残っているので忘れないうちに書いておきたい…。もう半年経ちますけどね。

(memeは新しめのと言ったけどLさんは結構長くV系をやってる人だから新しいっていうとちょっと違うのかもしれないけど細かい事はさておいて…)

 

born tn be freeの「矛盾だらけの 醜い化物なんだ いつのまにか何も信じられなくなった」という語りの歌詞にああ〜こういうバンドが好きなんだ…一生聴いてたい…と湯船に潜るような気持ちになって下を向いて歌うLさんをぼんやり観てたんだけど、その瞬間「逃げてばかりじゃ何も変えられはしないよな」と続きカメラをはっきり観て語りかけてくるLさんに物凄く引き込まれた。なんか、これまで好きな曲の傾向として前半で完結する物を選び続けてたんだけど、これもいいなと思えたというか…。

memeは前向きなバンドかと言うとそうは言えないし、殺人鬼がコンセプトのバンドだけど。

私の好きなバンドでは珍しくmemeは死にたいとは言わない。首を吊った隣人を見てこんな未来は嫌だと言って、自分の事を醜い化け物とは言うけど前は見てる。逆に殺人の曲ばかり歌うバンドだからそう思ったところがあるのかな。あるあるじゃなかったから。

歪んだ音のなかゆっくり舞ってる姿を見て、この、空間ごとそのバンドになる雰囲気が好きだからバンドが好きなんだよなと思った。

 

好きな作品、大抵音楽でも小説でもアニメでもゲームでも似た雰囲気なんだけどその求めてる好きな雰囲気というのは大まかに言って悪夢の中にいるような感じ、だと思う。居心地の良い悪夢。チェーンソーをぶん回して、ファンに対して君を殺す、というのはこっちからしたら結構優しい悪夢。

 

twilightから好きだなと思って、プルガトリオ、dispirition macabra、一番好きなのは夜枷かも。

怖かった明日が来てしまう、過去になってしまう、という曲は夜中3時に聴くのにぴったりすぎて助かる。twilightは蜘蛛の糸モチーフの歌詞なのに「邪魔せず死んでろ」などと堂々とした清々しい悪なのが元気でる。あと悲しい夢の中で君を見つければ 僕の傷は癒えると信じていた、ってなんか死ぬほど気持ちわかる。自分の感じる意味と違うかも知れないけど、わかる。

ずっと変なホラーみたいな曲をずっと聴いてたい、居心地の良いぬるま湯みたいな悪夢の中に永遠にいたいと思って生きてるから、なんか…うまく言えない、3時だし。

ただ曲が好きだから気になってたけど、ライブが良すぎてびっくりした。

後チェーンソー持ってたりサイレントヒルみたいなウサギの着ぐるみで登場したり、えっちなナースになってたり、いちいち気になる…。なんなんだ。

 

という一年前のブログの下書きを経てMEMEのライブをついに観られた。正直波があるのかなあって思って、最高!と思った配信を越えなかったけど、でもやっぱり曲がすごく好きだな〜。今年夏アルバムが出て、やっぱりどれも好きだった。Thanatosが中でも好き!柳の下であなたを待つ♪ 好きな人を殺して『倒れるあなたの視界には私だけ』って言うの、萌える♪ ずっとそういう曲出しててほしい。fridy the13thはライブだとお客さんに語りかけてるように見えて、それもよかった。