幽霊ちゃんのひとりごとマシンガン

好きな曲への気持ちを爆裂個人解釈でいっぱいしゃべる

ぬいぐるみにもなれない僕じゃ -おすすめされた曲の感想 vistlip

vistlipをおすすめしてもらってからちょくちょく聴くようになったので好きな曲の話をしたくなった。vistlipって、ずっと知ってるはずなのに全然聴いた事がなくて…。逆に今よく聴いたなという感じすらあるんだけど、最近はあまり偏見なく聴いた事なかったけど知ってるバンドを聴いてみたりするようになったのでその流れもあり、友達が好きなのもあり、聴いてみた…のではなく、歌詞を調べた。わたしは歌詞フェチなので歌詞から調べることが多々ある。気になる歌詞があるとどんな曲なのか気になって、そこから聴きたくなるのだ。歌詞を調べてみて、vistlipって思ってたバンドと全然違うなあと思った。良い意味で。わたしは暗い作品ばかり好んで見たり聴いたりするかなりの偏食なので、絶対好きじゃないだろうとおもってたんだけど。全然暗かったし重かった。そして最近知ったんだけど、逆にヴィジュアル系でそんな底抜けに明るいバンドを探す方が難しいのかもしれない。なんだあ。これだからヴィジュアル系ばっかり好きになる。時々ヴィジュアル系以外のバンドを聴くとすべてが違ってびっくりしてしまう。もちろん好きなバンドもあるんだけど。安心の地なんだな。大人になればなるほど段々感謝の気持ちが高まってきた。

そんなこんなで想像より暗くて重かったので気楽に聴けるようになり、いざ聴いたら本当に声が綺麗で好きな曲も色々できた。楽しい!

 

black matrix

いつぞやの対盤で観る前に聴いておくかというタイミングで丁度新曲だったのでこれはその時知って好きになった。この曲でびすとりってこんな感じの歌詞なんだ!?とびっくりしたので、私の中で入り口かもしれない。愛が溢れすぎて溺死させるラブソング。

花言葉のように、というけどその花言葉自体は言わないし、そもそも何の花なのか歌詞自体には出てこないことにびっくりした。薔薇なんですね。友達がファンだから時々話を聞くんだけど、とにかく愛が重くて素敵だなあと思う。ところでそのイベントではやりませんでした。そういう事、なんか多いわ!

 

Dr.teddy

ベースの音が優しくて心地良い。歌詞が悲しい!「涙を吸って 潰れた話相手」「ぬいぐるみにもなれない僕じゃ 呆然とした肉の塊」、好きだなあ〜。この歌詞が好きで他の曲も聴こうと思った。終わり方も大好き。今のところ、vistlipのなかで一番好きな曲かもしれない。検索すると昔の歌詞画像が出てくるんだけど、今見ても全然かわいくてかなり好きだった。そう思うとvistlipって歌詞画像とかよく作られてた時代からずっといるの、よく考えたらすごいな〜。見た目、全然変わらなくない?時が止まってる…?曲調の変化とかはまだ語れる程詳しくないので変わったとかは分からないけど、なんか最近改めて長く続いてるバンドってすごいな〜って思う。

 

babel

歌詞がすごい。一行目からすごい。バッドエンドから始まってて最高。

これも友達におすすめしてもらって、ライブ映像見せてもらったんだけど「僕を殺してよ」の部分がライブになると智さんが俺を殺せ!と感情的に叫ぶのがぎゅっとなる。

 

モノグラム

「醜いアヒルの子が白鳥にまでなって 青空を羽ばたこうが猟銃で撃ち落とせばいい」すごい歌詞すぎる。大好き。こういう、幸せになって自分の手から離れていく事を許せないという切ない感情、大好き…。本当に分かるし、こういう感情の話をしている作品は大抵好きだな。絶対人に伝えたら不幸にしかならない感情!メルヘンな単語とむちゃくちゃ嫉妬深い負の歌詞のバランスが好き。

全然関係ないんだけど、vistlip聴いてるとパンドラハーツを思い出す。パンドラハーツで好きだったシーンはほとんど全部そういう感情のモノローグのシーンばっかりだったから。Dr.teddyも…ぬいぐるみだし…「壊して」だし…。全然関係無いんだけど好きなものと好きなものをぶつけて勝手に楽しい気持ちになって良かった。それって、好きなものを好きだと思う理由が大体似てるって事なのかな。人間ってすごい…。

 

最悪だけどロマンチックだなあと思う歌詞が多くて、よかった。これからも時々聴くと思う。それにしても詳しい人の解説って本当におもしろい、持つべきはオタクの友達!

歌詞から気になって曲を聴くのもすごく楽しくて定着しそう。